ギャンブル依存が重度だったときの、自分の中にある「優先順位」もまた、おかしなものでした。

ギャンブル>>>>>返済=生活費

無意識のうちに、そんな風に位置づけていたように思います。
お金があるなしに関わらずギャンブルに使っていました。
それでよかったこともあれば大変だったこともあります。

生活費(月々の保険料)などを後回しにしてでも、返済はしていました。
滞ったことはありません。
だから返済=生活費、としています。

しかし、それよりもまずギャンブルに使っていました。
給料が出ればホールに行っていました。
そのタイミングでの勝敗が、その月を大きく左右しました。
でも、仮にそこで5万勝ったとしても、すぐ行くので、意味はありません。
そこでやめておくことが出来れば今頃借金はなかったでしょう。

私にはきょうだいがいます。
きょうだいはギャンブルをしません。
過去には何度かしていましたが、あまり向いていないようで大きく勝った経験もないそうです。

そんなきょうだいは、良い服を買い、良い暮らしをし、良い車を持っています。
その歴然とした違いを見ても優先順位を変えることが出来ませんでした。

「ギャンブルしない人が一番お金持ち」

我が家では、よくそんな話題になりました。
頭では分かっていたのです。
でも辞められませんでした。

今は私もスロットをやめ、以前よりは「ひとなみ」に近づいた暮らしをしています。
やめてよかった、と心から思っています。


【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 ギャンブル依存症

【広告】
▼極限交渉の任意整理!
【任意整理】で毎月の支払額を軽減可能! ウイズユー司法書士事務所まで
【債務整理】のことならアルスタ司法書士事務所
ヘテムル
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─